本文へスキップ

一般社団法人 日本計算技能連盟-そろばんを使用した計算技術の向上

電話でのお問い合わせは03-3249-9981

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-35-7
島鶴ビル302号

All Japan Soroban Championship 2017privacy policy

「All Japan Soroban Championship」は計算技術の向上を目的とした大会ですので、難易度が高く、満点を取ることが難しい大会です。
腕に自信のある生徒、そろばん教室は是非参加してみてください。

珠算競技大会開催について(ご案内)

主催: 一般社団法人 日本計算技能連盟
後援:(昨年度)東京都大田区教育委員会、学校法人村田学園、東京新聞社、日本商工会議所、東京商工会議所 一般社団法人 日本珠算連盟、公益社団法人 全国珠算教育連盟、
一般社団法人 東京珠算教育連盟 公益社団法人 全国珠算教育連盟 東京都支部


1、日時 2017年(平成29年)3月28日(火)

9:30 開場
10:10 開会
16:30 閉会予定
※指定場所・指定時間内にて昼食となります。
昼食持ち込み可能です。
2、会場 大田区産業プラザPiO 4F

〒144−0035 東京都大田区南蒲田1丁目20−20
京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3分

詳しい地図はこちら→
3、参加資格 珠算のできる中学生以下の生徒
※参加団体は珠算塾のみとし、個人参加及び学校等の団体は認めません。
4、参加人数 300名を先着順にて受付します。
※1団体最大25名(全部門合計)とします。
5、参加料   選手1名につき 5,000円
6、大会協力金  競技大会を運営するにあたり大会協力金(1口5,000円)をお願いしています。
1 口 5,000 円〜とさせていただいておりますので、ご協力お願いします。
7、競技種目 (1)個人総合競技
(2)団体総合競技
(3)種目別協議
 (A)読上暗算競技
 (B)読上算競技
 (C)フラッシュ暗算競技
(4)暗算チャンピオン決定戦
 ア.かけ暗算
 イ.わり暗算
 ウ.みとり暗算  
8、部門及び
  競技内容
(1)個人総合競技
各種目(乗・除・見)各5分
1部 小学2年生以下(幼児も可)
2部 小学3・4年生
3部 小学5・6年生
4部 中学生
※同点の場合には決勝を行います。

(2)団体総合競技 各部門の得点上位1名の合計得点とします。

(3)種目別競技
A.読上暗算競技  全部門同一問題を全部門一斉に行います。
桁数は12桁以内 8口とします。

B.読上算競技  全部門同一問題を全部門一斉に行います。
桁数は17桁以内10口とします。

C.フラッシュ暗算競技  全部門同一問題を全部門一斉に行います。
桁数は3桁20口以内とします。

※A.B.Cの競技では、正答ポイント合計により順位を決定します。

(4)暗算チャンピオン決定戦
※昨年度までと方式、制限時間が変わります

各部門1・2回戦  かけ暗算、わり暗算、みとり暗算を1種目ずつ行います。

1回戦  かけ暗算2分、わり暗算1分30秒、みとり暗算3分にて計時し採点、合計得点により2回戦進出者(各部門30名程度)を決定します。

2回戦  1回戦同様に行い合計得点によって決勝進出者10名程度を決定します。
かけ暗算 1分、わり暗算 45秒、みとり暗算 1分30秒にて計時し採点、合計得点により決勝進出者を決定します。

[決勝]  各部門、かけ暗算、わり暗算、みとり暗算を3枚つづりで同時に行い計時し、得点順にて各部門のチャンピオンと準チャンピオンを決定します。
 9、プレミアム講演 ■そろばん日本一 金本 和祐 先生
7度のそろばん日本一のタイトルを獲得した珠算界のスーパースターによる特別講演
  10、表彰 (1)個人総合競技
各部門、優勝−1名、準優勝−1名、2等−5名、3等−10名程度に賞状と副賞を授与、その他4等、5等に賞状を授与します。

(2) 団体競技
優勝−1団体、準優勝−1 団体、2等−3団体、3等−5団体に賞状と副賞を授与します。

(3)種目別競技
A.読上暗算競技 B.読上算競技 C.フラッシュ暗算競技
上記A〜Cの正答ポイント合計により各部門、優勝1名、準優勝1名、2等−5名、3等−10名程度に賞状と副賞を授与します。

(4) 暗算チャンピオン決定戦
各部門、決勝進出者を入賞とし、その中からチャンピオン1名、準チャンピオン1名を決定します。決勝進出者全員に副賞を授与します。